TEL

腰痛解消法 | 鹿児島市郡元の田邊整骨院

Blog記事一覧 > 未分類 > 腰痛解消法

腰痛解消法

2018.10.11 | Category: 未分類

今日は、腰痛解消法について説明していきたいと思います。

長年、骨盤が歪んでいる状態では、骨盤が正しい場所に戻らないこともあります。

骨盤が正しい場所に戻らないと、骨盤周辺の筋肉に「耐える力」が働くので、筋肉は緊張し、生

活に支障がなくとも、痛みを感じるようになります。

そこで、今回は、骨盤に歪みがある場合の調整方法を紹介していきます。

 

骨盤の痛みには「腸骨のズレ」と、「腸骨のねじれ」があります。

腸骨のズレとねじれを確認する方法は、今からご説明していきます。

図①で場所をご確認ください。

 

★骨盤の(腸骨)のズレを確認する

それでは、まず骨盤にずれがあるかどうかを確認してみましょう。

椅子に腰をおろします。

ひざは90度に曲げます。

ひざのお皿(膝蓋骨)のすぐ下、左右45度の場所に、少しくぼんだ所があります。

このくぼみに、両方の人差し指を軽く押し当て、少し下に下げます。

すると、指が骨にあたってとまるはずです。

これは、脛骨と腓骨という2本の骨の先端(骨頭)にあたります。

通常、この骨の先端を結んだ線は水平になっています。

しかし、骨盤にズレのある場合、外側の骨(腓骨)が下がっているのです。

 

★骨盤(腸骨)のねじれを確認する。

腸骨のねじれを確認しましょう。まず、あおむけに寝転がって力を抜いてください。

深呼吸を1回します。その後、顔を少しずつ上げて、つま先を見て下さい。

左右の足の開き(傾き)が違う場合、腸骨はねじれています。

このように、腸骨がねじれている場合は、仙腸関節周辺の筋肉が緊張します。

最後に骨盤が正しい位置に戻っているかどうかを確認しますので、今の両膝の下の骨のズレと、両足の開きの角度を覚えておいてください。

★腸骨のずれを調整する準備

腰には、仙腸関節と