ヘッダー

脳、頭、乳幼児の記事

こんにちは(>ω<) 今日は、乳幼児の頭の話をしますね☆ 赤ちゃんは頭を支える力が弱く、身体を強く揺さぶられると、脳が頭蓋骨の内側に打ち付けられて、腫れたり、出血したりするなどの損傷を受けます。 これは「乳幼児揺さぶられ症候群」と呼ばれるもので、障害が残ったり、ときには死に至ることもあります。 生後6ヶ月までの乳児が被害にあいやすく、親などが泣き声にイライラして揺さぶるケースが多く、虐待の一種にあげられます!! 「高い高い」や膝の上でぴょんぴょんと跳ねさせるくらいなら大丈夫ですが、1秒間に2~4サイクル以上の速さで前後に動かすと発症するといわれます。 特に赤ちゃんと接する時には気を付けて下さいね。

田邊整骨院


鹿児島県鹿児島市郡元 にある整骨院です。
お怪我の際はお気がるにお越しください

アーカイブ