ヘッダー

牽引、腰痛、治療の記事

当院で腰痛が良くなられた患者様が、『今まで腰が痛かったので牽引をしていたのですけど先生のところは置いてないですね』と聞かれます。

当院では、牽引器は置いていません!!

牽引した後、よく『痛くなった』という声をききませんか?
どうしてでしょうか?病院などでは、ヘルニア、腰痛などでレントゲンを撮って
『背骨と背骨の間が狭まっているので牽引して引っ張りましょう!』
という先生が多いみたいです。引っ張ることにより改善するのでしょうか?
そもそもなんで腰が痛いのでしょう?
腰痛の大部分の原因は背骨のゆがみや筋肉のバランスの悪い方が大部分です。
しかし多くの病院では、背骨のバランスや筋肉のバランスが崩れている状態で無理やり引っ張ります!ということは、どういう状態になるかと言うと、
筋肉は輪ゴムの様に普段、伸びたり、縮んだりするものです。しかし、腰が痛い方は、この伸びたり、縮んだりしません。ということは、古い輪ゴムをイメージしてもらえればいいと思います。
古い輪ゴムは、伸ばすと切れます。

牽引で筋肉が伸びない状態、背骨をまっすぐにしていない状態から無理やりに引っ張っているので腰を悪化させていたのです!

なので当院では置いていません!
田邊整骨院では筋肉、背骨のバランスをとる腰痛の治療を得意としています。ご相談ください。

              田邊整骨院
          ℡099-206-8881
        受付時間9時~12時   13時半~21時