ヘッダー

加齢黄斑変性、予防、ビタミンの記事

今日は、加齢黄斑変性についてお話していきます。
加齢黄斑変性は、50代60代以上に多くみられます。加齢によって網膜の中心部にある黄斑に障害が生じ、ものが歪んで見えたり、真ん中の部分が見えなくなったりする病気で、進行すると失明につながります。欧米では昔から多くみられた病気ですが、近年は、日本でも生活の欧米化とともに急増しています。

予防法は、

・発症の危険性が高い喫煙をやめること!

・サプリメントでビタミンCやビタミンA、βカロチン、亜鉛などをとること!

・ホウレンソウなど緑黄色野菜でカロテノイドの一種、ルテインを摂取すること!

・食事を肉中心から魚中心に変えること!

                   などがあります。

普段の食生活などを見直して予防していきましょう(*^_^*)

田邊整骨院


鹿児島県鹿児島市郡元 にある整骨院です。
お怪我の際はお気がるにお越しください

アーカイブ