ヘッダー

2011年 10月

ひざの痛みで悩まれている方は多いと思います。

今日はひざの痛みについて説明していきます(^v^)

 

成人が、ひざの痛みを訴え、病院で診察を受けた場合のほとんどが

変形性ひざ関節症と診断されます。

子供が、ひざの痛みを訴え、病院で診察を受けたほとんどがオスグッド病(成長痛)と診断されます。

変形性膝関節症とオスグッド病(成長痛)の原因は同じですが、ひざが痛くなる仕組みが

少し複雑ですので、簡単に説明していきます。

病院でレントゲンを撮った場合、関節の間が狭く映っています。

これは、ひざの下にある脛骨という骨が上にズレており、関節の軟骨が減っている状態です。

そのまま放置しておくと、いずれ、骨まで削れてしまいます。

したがって、今以上に関節の間が狭くならないように、ひざ関節周辺の筋肉は、耐える力を働かせ続けます。耐える力を働かせ続けた筋肉は緊張しますので、痛みが出てくるのです。

ですから、軟骨が減っているから痛みが出ているのではなく、関節の間を狭くしないように筋肉が頑張って耐え続け、筋肉が緊張しているから痛みが出てくるのです。

軟骨を補充しなくても、ひざ周辺筋肉を柔らかくするだけでまずは痛みが消えます。

そして、脛骨が上がってしまっていることが痛みの根本原因ですから、脛骨を下に下げなくてはなりません。

脛骨は、骨盤の腸骨が上がることによって、上がっています。

ひざ痛の場合、腸骨を下げれば脛骨も下がりますので、痛みが消えます。

次回は腰痛暖消法を御説明していきます。

にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村

田邊整骨院


鹿児島県鹿児島市郡元 にある整骨院です。
お怪我の際はお気がるにお越しください

アーカイブ