ヘッダー

2011年 7月

 

熱中症対策で、スポーツ飲料やジュースなどをがぶ飲みしてしまうと、

「ペットボトル症候群」と言うのになることがあるみたいです。

先日見たニュースに、「1リットルの清涼飲料水をがぶ飲みしてしまうと、角砂糖を20個かじっているのと同じ」

と言っていました!

そういえば、学生時代の部活の練習時に持って行っていたときは、

顧問の先生が「糖分の取りすぎになるから、スポーツドリンクの粉末を半分入れて、1リットルの水を入れるように。」

と、言われていたのを思い出しました。

やはり、一番いいのは、体を冷やしてくれる、麦茶に、ミネラル補給のために、お塩を少し入れるのががいいみたいです!

体を冷やしすぎたり、水分の取りすぎなどに気をつけて、節電も心掛けながら今年の夏をうまく乗り切っていきましょう!!

もし、鹿児島で交通事故に遭ってしまったら…

鹿児島の田邊整骨院にお任せ下さい!

交通事故による痛みの相談も、ややこしい法的な相談も。

是非一度、田邊整骨院にご相談ください!

交通事故での外傷の治療には、自動車保険(自賠責保険)が適用されます。

ここで交通事故専門治療家よりワンポイントアドバイス!

☆保険を適用するための手順☆

始めて来院される前に必ず保険会社に連絡してください。。

そこで伝える用件は3つです。

①  当院の名前『田邊整骨院』

②  当院の電話番号『099-206-8881』

③  当院の住所『鹿児島市郡元3-1-2  N&M.Nビル101』

以上の項目を聞かれますので、これらを保険会社様に伝えると、当院に保険会社様から連絡が入ります。

そうすると、自動車保険(自賠責保険)適応の治療を受ける事が出来るんです。

交通事故での治療は自己負担0円です。

分からない事があれば、お気軽にお電話下さい!

突然ですが、日本で食中毒にかかる人は年に何人だと思いますか?

厚生労働省の統計によると、平成21年の1年間で、食中毒は1048件(20249人)と報告されています。

これは、お医者さんが食中毒だと診断した人だけを数えたものです。食中毒になっていても、お医者さんに行かなかったり、お医者さんが食中毒と診断されなかった人は含まれていません。

ですから、実際はこれよりはるかにたくさんの人が食中毒にかかっているだろうと言われています。

原因は?

食中毒と診断された人のうち、約5割はウイルス、3割は細菌が原因でした。

このため、ウイルスや細菌による食中毒の防止対策をきちんとすることが重要です。

食中毒が多い季節は?

食中毒患者数を月ごとにまとめました。

12月、1月、2月に多く発生していることがわかります。昔は、寒い季節には食中毒が発生しにくい、といわれていました。

しかし、寒い季節の方が起こりやすいウイルス性の食中毒もあることがわかってきました。

また、今は、冬でも暖房で部屋の中があたたかいので、細菌が増えやすいことから、細菌性の食中毒にも注意が必要です。

5~9月は、湿気が多く、細菌が増えやすいので、細菌性の食中毒に注意が必要です。    (農林水産省より)

春や秋にも食中毒は起こっていますので、今の季節だけでなく、1年を通じて注意しないといけないですね(*^_^*)

                                             

田邊整骨院


鹿児島県鹿児島市郡元 にある整骨院です。
お怪我の際はお気がるにお越しください

アーカイブ